品質関係へ戻る / HOME
コ ン ク リ ー ト 用 語(Concrete terminology)JIS A 0203
コンクリート及び材料の性質
番号 用語 定義 対応英語(参考)
3011 密度(粉体の) セメント,混和材などの粉体の質量をその絶対容積で除した値(JIS R 5201参照)。 density (powder)
3012 粉末度 セメント,混和材などの粉体の細かさ(JIS R 5201参照)。 fineness
3013 比表面積(粉体の) セメント,混和材などの粉体の細かさを示す指標,一般にはブレーン空気透過装置で測定された値(JIS R 5201参照)。 specific surface
area
(powder)
3014 凝結(セメントの) セメントの水を加えて練り混ぜてから,ある時間を経た後,水和反応によって流動性を失い次第に硬くなる現象(JIS R 5201参照)。 set (cement)
3015 偽凝結 セメントの水を加えて練り混ぜているとき又は練混ぜを終えて間もない時期に,正常な水和反応によらないで,一時的にこわばり又は凝結したような状態を示す現象。 false set
3016 硬化 セメントが凝結した後,時間の経過に伴って硬さ及び強さが増進する現象。 hardening
3017 水和熱 セメントの水和反応に伴って発生する熱(JIS R 5203参照)。 heat of hydraition
3018 安定性(セメントの) セメントが異常な体積変化を起こさずに,安定して水和する性質(JIS R 5201参照)。 soundness
(cement)
3019 圧縮強さ(セメントの) 供試体が耐えられる最大圧縮荷重を,圧縮力に垂直な供試体の断面積で除した値(JIS R 5201参照)。 compressive
strengh
(cement)
3020 フロー値比(混和材の) 普通ポルトランドセメントを用いて作製した基準とするモルタルのフロー値に対する,混和材と普通ポルトランドセメントとを用いて作製した試験モルタルのフロー値の比を百分率で表した値(JIS R 6206参照)。 percent flow
(mineral
admixture)
3021 活性度指数(混和材の) 普通ポルトランドセメントを用いて作製した基準とするモルタルの圧縮強度に対する,混和材と普通ポルトランドセメントとを用いて作製した試験モルタルの圧縮強度の比を百分率で表した値(JIS R 6206参照)。 activity index
(mineral
admixture)
3101 安定性(骨材の) 骨材の,主に凍結融解作用に対する抵抗性の指標(JIS A 1122 参照)。 soundness
(aggregate)
3102 強熱減量 試料をある一定の温度で強熱した場合の質量の減少量。セメントの場合は風化の程度を,フライアッシュの場合は未燃炭素量を,人工軽量骨材の場合は焼成の完全さを確かめる指標となる(JIS R 5202,JIS A 6201及びJIS A 5002参照)。 ignition loss,
loss on ignition
3103 絶対乾燥状態(骨材の) 骨材を100〜110℃の温度で定質量となるまで乾燥し,骨材粒の内部に含まれている自由水が取り去られた状態。絶乾状態と略称することがある。 absolutely dry
condition,
 
oven-dry condition

(aggregate)
3104 表面乾燥飽水状態(骨材の) 骨材の表面水がなく,骨材粒の内部の空隙が全て水で満たされている状態。表乾状態と略称することがある。 saturated and
surface-dry
condition
(aggregate)
3105 表面水率(骨材の) 骨材の表面についている水の割合であって,骨材に含まれるすべての水から骨材粒の内部の水を差し引いたものの表面乾燥飽水状態の骨材質量に対する百分率(JIS A 1125参照)。 percentage of
surface
moisture,
surface moisture
(aggregate)
3106 吸水率 (骨材の) 表面乾燥飽水状態の骨材に含まれている全水量の,絶対乾燥状態の骨材質量に対する百分率(JIS A 1125参照)。 percentage of
absorption,

bsorption
(aggregate)